BLOG

2018/05/13 17:00

滋賀を拠点に国際的に活動している画家
 
画家名:眞野 丘秋
作品名:(左上)無題 (左下)光の中 (右上)Flower 32 (右下) 宇宙模様 
現代アート
創作活動への想い
宇宙のエネルギーを全身で感知し、色彩と形という表現で、地球に下ろすということをやっています。
制作中は頭を空にした状態で、無心になって体を動かしています。
チャネリングアートやエネルギーアートと言うこともできるかもしれません。
愛と癒しをメインテーマとする私のアート活動により、自身を含めて地球や人類の平和へと導く一助となれば幸いです。
経歴
1976年 滋賀県生まれ、在住
京都造形芸術大学通信部デザイン科情報デザインコース、
京都芸術デザイン専門学校デザイン総合コース(併修制)中退
アーティストとして、滋賀を拠点に国際的に活動している。
'06年よりロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、ローマ、マイアミ、シドニー、バーゼル(スイス)、トロント(カナダ)、東京、上海などの世界主要都市にて国際交流展、国際アートフェア、グループ展などに多数出展。 '07年より東京、ベルリン、上海、ニューヨークなどで多数の個展を開催。
参加した主なアートフェアに、ベルリン最大の「BERLINER LISTE」、世界最大規模の「ART EXPO NY」、パリ・ルーヴル美術館での「Salon Art Shopping」などがあり、その他、ベルリンの世界遺産・シャルロッテンブルク宮殿での展示経験もある。
アクリル画をメインに制作し、絵画の他にも写真集、小説、エッセイなどを出版し、多岐に渡る活動を続けている。著書多数。
受賞歴
2014年 第40回 「ARTEX NEW YORK 2014」特別賞(Ward-Nasse Gallery、NY)
2012年 第62回 「滋賀県文学祭」文芸出版賞 『インディゴのつぶやき』
2009年 第7回 「風展」画廊賞(ギャラリー風の門、滋賀)
主な出版書籍
2018年 エッセイ『インディゴのつぶやきⅡ【新装版】』(MANO Publishing)
2018年 エッセイ『インディゴのつぶやき 【新装版】』(MANO Publishing)
2014年 写真集『癒しの風に誘われて』(MANO Publishing) *再出版
2013年 写真集『四国巡礼 Ⅲ』(MANO Publishing)
2013年 写真集『四国巡礼Ⅱ』(MANO Publishing)
2013年 写真集『四国巡礼』(MANO Publishing)
2013年 写真集『Healing Flowers』(MANO Publishing)
2013年 写真集『日常の詩』(MANO Publishing)
2012年 エッセイ『インディゴのつぶやきⅡ』(日本文学館)
2011年 エッセイ『インディゴのつぶやき』(日本文学館)
2010年 小説『アート・コンプレックス』(日本文学館)
2009年 小説『シャンバラへ向かって』(日本文学館)
2007年 小説『インディゴの悲しみ』(日本文学館)
2006年 写真集『color fairies』(日本文学館)  自伝『アウトレイジャス』(新風舎)  写真集『UTSU filter』(新風舎)
ホームページ:https://www.manotakaaki.com